ゲストハウス 55  泣き笑い

ゲストハウスを経営してる55(GoGo)のブログ 宿屋の日常と世界の話題

MtGox: 盗まれたビットコイン700万円分が返ってくる??

 

 マウントゴックス事件は大きなニュースとして騒がれたので記憶に残っている人も多いでしょう。

 

この事件をきっかけにして「ゴックスする」という日本語が仮想通貨取引所破綻するという意味でツナミと同様に仮想通貨の世界では海外にまで広がっています。

 

「そろそろあの取引所ゴックスするんじゃね?」というふうに業界では使われています。

 

マウントゴックス事件は当初ハッカーの仕業と思われていましたが本当のところはいろいろな説があってはっきりと55にはわかりませんが判っている事実は55がマウントゴックスに置いていたビットコインにアクセスできなくなってしまったという事です。

 

当初は被害総額も盗まれたと思われるビットコインも大きくてマウントゴックス社は倒産という方向で進んでいたのですが長い裁判の過程でビットコインが急激に値上がりして盗まれた総額をはるかに超える資産をマウントゴックス社が保有しているという事態になりました。

 

これなら被害者全員に払い戻してもいけるじゃん!って事になってマウントゴックス社は破産から民事再生へとシフトチェンジしたわけです。

 

55はマウントゴックス社のサイトが消えてから内心諦めていたのですが担当弁護士さんから「あんたのビットコイン返すよ!書類送って!」とメールが来て逆にちょっと驚いたというのが実際のところです。

 

担当弁護士 管財人さんGJ !!

 

ビットコインは匿名性が高いという事で犯罪などに使われるのじゃないか?っと思われていますが実際もちろん悪人も使いますが追跡しやすいのは現金よりビットコインなんですね。

 

マウントゴックス社の盗まれ無かった残りのビットコインは誰でも以下のサイトで常時確認ができます。

 

www.cryptoground.com

 

マウントゴックスの財布から一枚でもビットコインを移動すると全世界の人が判るというのは現金では考えられないことです。

 

そんな残された莫大な資産から債権者にビットコインもしくは日本円が払い戻されるのですが現時点で日本円で戻されるのか?ビットコインで戻されるのかいまいちわからないのですが弁護士が提出しろという書類にサインして送ったのが下の写真の書類。

 

 

f:id:guesthouse55:20181202111908j:image

 

この金額で確定しているものなのかそれともこの書類が送られて来てからビットコインは急激に値を下げているので払い出される保証金も下がるのか?見当もつかないのですが戻ってくるのはどうやら事実らしい、、、

 

一度は盗まれてしまったと諦めていたものですからあてにはしていないんですけど2019年度中にはなんらかの払い出しがあるのではないかとうっすら期待しております。

 

また何か進展があればまた報告します。

 

マウントゴックスの事を知らない人は素晴らしい下の記事をご覧ください。

 

coin-girls.com