ゲストハウス 55  泣き笑い

ゲストハウスを経営してる55(GoGo)のブログ 宿屋の日常と世界の話題

ラグビー関連の記事を読んで涙する。

ラグビーワールドカップの興奮が日本を包んでいます。

 

イギリスのガーディアンの記者がスコットランド戦に関して素晴らしい記事を書いています。

 

試合の開催が危ぶまれたこの試合を素晴らしい洞察力で書いた渾身の記事です。

 

この記事を知ったのは下にリンクを貼って置きますがTaigaさんのつぶやきです。

 

Taigaさんが素晴らしい翻訳をされていますので是非スレッドをひらいてお読みください。

 

最後には涙が出てきます。

 

www.theguardian.com

 

 下のツイートをクリックすると全文が読めます。↓

 

 

最も分かりやすいラグビールール解説

タックル後のボールの取り合いの中で起きる反則が非常に分かりやすく解説されています。

小学校中学校高校とラグビーをしていたのですがタックルからの密集(ラック)でのボールの奪い合いは選手だった時にもなんで審判が笛を吹いたのか分からない事も多かったんですよね。

やってる選手が微妙に分からない。

ルールも年々少しずつ変わるので現在の反則を知るのにも非常に役に立ちます。

 

これを見ておけばラグビーワールドカップがさらに面白くなります。

 

 

youtu.be

ボンネットを開けたらクルミがぎっしりだった?? CNN??

 

アメリカからほっこりとするニュースが飛び込んできました。

 

ピッツバーグのホリーさんは車をひと月前に点検に出してからしばらく庭に放置していたそうです。

 

久しぶりに車に乗ってみると何やらボンネットから煙が出たので慌てて点検したところボンネットの中にはぎっしりと包みが詰まっていたそうです。

 

犯人はリスです。

 

ホリーさんの家の庭にはくるみの木があるそうですがやけに落ちている味が少ないなぁと感じていたそうです。

 

落ちたクルミをリスがせっせとホリーさんの車のボンネットの中に運び込んでいたようです。

 

記事の中にはぎっしりとくるみやら雑草が詰まった写真が上がって居ます。

 

是非ご覧ください。

 

ホリーさんは知り合いの車屋さんに運び込んで掃除に1時間もかかったそうです。

 

幸運なことにリスはホース等を傷つけてはいなかったので掃除しただけで済んだようです。

 

火災が起きなかったのは幸運でしたね。

 

あなたもたまにはボンネットを開けて点検した方がいいかもしれませんね。

 

edition.cnn.com

陣痛を誘発するハンバーガー??

 

 

「レイバー誘導装置 "Labor Inducer,"」という名前のチーズバーガーをメニューに載せたミネソタのレストランには、毎日5人もの妊婦が訪れているという。


このハンバーガー誕生のきっかけはオーナーが最初の子どもと出産予定日を1週間以上前に控えた昨年4月、近く開催される地元のハンバーガーコンテストのために作ったハンバーガーを試食していたことらしい。

オーナーのQuarbergさんはこのハンバーガーが大好きで、シェフに頼んで普通サイズにしてもらってその日も食べたという。

午後8時頃にハンバーガーを食べ終え、翌午前2時頃から陣痛が始まったクォルバーグさんは、「私が陣痛前にやったことと言えばこのハンバーガーを食べた事だけでした」と話した。

Quarbergさんは4月10日に無事息子のサムを出産している。

 

これが、ベーコンとチーズをトッピングしたハンバーガー「やる気まんまん誘導装置 "Labor Inducer,"バーガー」の名前の由来だ。

 

「私たちは昨夜そこで食事をしていましたが、ドアを見るたびに妊娠している女性が通り過ぎていきました。」と彼女は言った。

辛い食べ物を食べると、陣痛が起きて陣痛が誘発されるというお婆さんの話があるがこの説には「何の証拠もない」という。

クォルバーグさんは、「おいしい脂っこい食べ物」を食べただけで、体が「さあ!そろそろ行きますか??。」とやる気満々になるのではないかと思ったという。

エングラー氏は、食物が陣痛を誘発するかどうかを裏付ける実際の科学があるかどうかはわからないが、妊婦がなぜ陣痛を誘発するようなものを試してみようとするのかは個人的にはよく判るという。

「妊娠の最終段階では、特に出産予定日やそれ以降になった人は、安全で、楽しくておいしいことで陣痛をもよおすのなら、誰でも何でも試してみるのではないでしょうか?。」

 

ハンバーガー「レイバー誘導装置 "Labor Inducer,のレシピは以下のようですがかなりのハイカロリーですね。

 

蜂蜜漬けベーコン、アメリカンチーズ、ピーチでキャラメリゼしたタマネギ、スパイシーなバイエルンマスタード、スパイシーなケイジャンレムラードをバターと塩味のプレッツェルにのせたアンガス牛のパティ——

 

お母さんのお腹の中の赤ちゃんがやる気になるのも判るような気がします。 笑い

 

 

 

abcnews.go.com



ぞろ目の2222番で当選が1400人 ?? CNN

サウスカロライナのロトで珍事が発生しました。

 

当選ナンバーが2222のぞろ目になってなんと当選者が1400人を超えたそうです。

 

ぞろ目買う人やっぱりいるんですね。笑い

 

当選金額は2000ドルから5000ドルと言うことで中には16枚のチケットを持って80,000ドル払いだした人もいるようです。

 

それにしても全て同じ数字って言う当選番号出るんですね。笑

 

当選金を受け取りに事務所を取り巻く群衆!! ↓

 

 

 

edition.cnn.com

11歳の男児が300キロを運転してチャットで知り合った男のもとへ?? CNN

チャールストン警察によると、11歳の少年がサウスカロライナ州をチャットでしか知らない見知らぬ男に会う為に兄貴の車で300キロ走ったという。、

3時間の運転の後、少年は警察官を見つけ、車の横に止めて、迷子になったと言った。
同巡査によると、巡査は月曜朝早く、「スナップチャットで出会った無名の男性です」と話したという。

 

男児を誘い出した男はまだ特定されていないが子供たちがSNSで何をしているのかは常に注意している必要がありそうですね。

 

edition.cnn.com

死人にも言いたいことはいうトランプさん。

 ドナルド・トランプ大統領は、先日75歳で亡くなったベテランジャーナリストのコーキー・ロバーツについて、家族にお悔やみの言葉を述べる前に、「彼女は私に決して良いことは書いてくれなかった」と述べた。

 

エアフォースワンの中で同行する記者団に語った内容を直訳すれば「カーキー ロバーツはプロの中のプロだったが私に対してはあまり優しくなかった(良い事は書いてくれなかった。)彼女には1度も会ったこともねえが彼女はプロだったんだろうねぇ。あんまりいいこと書いてくれなかったけどそれでも俺は彼女の家族には今後も元気でいてほしいよ。彼女はプロだったし俺もプロは尊敬してるし好きだからな」(超訳

 

同じ人物に対してオバマさんは「ロバーツさんはジャーナリストという仕事が男性によって支配されてきた中で40年にも渡り若い女性たちの模範となって来たし女性ジャーナリストを指導して来た素晴らしい人だ」とコメントを残しています。

 

日本ではこうした状況でトランプ大統領のように心で思っていても決して口に出せないでしょう。

 

思ったことはすっと口にできるところがトランプさんの憎めない所なのかもしれませんね。

 

エアフォースワンに同行する記者団に「お前らももう少し俺に優しく良いことを書けよ!」と恫喝圧力を掛けたトランプ大統領でした。笑い

 

edition.cnn.com