ゲストハウス 55  泣き笑い

ゲストハウスを経営してる55(GoGo)のブログ 宿屋の日常と世界の話題

キリストの王冠は無事!

 

White Concrete Building

 

 

全世界を深い悲しみに陥れたノートルダム大聖堂の火災ですが多くの重要な美術品などが消防士らの決死の努力によって消失を免れたのはせめてもの救いではないでしょうか?

 

火災から守られた美術品や聖遺物の中でテレビでも紹介されていたキリストが磔の刑に処せらた時に被されていたとされる「いばらの冠」ですがナショナルジオグラフィックのビデオで詳しく映像で紹介されていました。

 

火災のさなかにこうした人類史上とても重要な遺物の救出作業で負傷した消防士も多いと聞きました。

 

建物の復旧は全世界から続々と集まる寄付金とフランス政府の強力な指導力で5~10年でかつての姿に修復されるでしょう。

 

しかし、キリストの受難に関する 聖なる遺物 が消失してしまえばもうどんな事をしても元に戻すことが出来なかったので命がけで重要な遺物や貴重な美術品などを運び出した消防隊員に心から感謝したいと思います。

 

55はずいぶん昔に1度だけノートルダム大聖堂を訪れた事が有りますが中に入ったという記憶がありません。

 

もちろん「いばらの冠 」を実際に目にした事もありませんのでナショナルジグラフィックのビデで知る事が出来て改めてノートルダム大聖堂の重要さを再認識させられました、、、

 

火災前のノートルダム大聖堂の姿も映っているので是非ご覧ください。↓

 

 

www.youtube.com

 

もう一つは燃えさかるノートルダム寺院にキリストが表れたというニュース。

 

www.thesun.co.uk

 

 

クラウドファンディングの罠。

 

Woman With Tied Hands

 

美談が一転美女が懲役4年!!

 

困った女性を救ってくれた ホームレスの救済話 をでっちあげてクラウドファンディングで4500万円あまりを集めた女が詐欺で実刑となりました。

 

この話は当時55も目にして「素晴らしい話だなぁ~」と思っていたのですが詐欺だったとは非常に驚きました。

 

edition.cnn.com

 

クラウドファンディングが現在世界中で注目されています。

 

ほとんどの物は純粋な気持ちや情熱から発したものだと思いますが一定数こうした悪意あるものが混じりこむのは防ぐことはできません。

 

55もキックスターターが好きでごく初期の頃から参加しています。

 

そしてひどい目にもたくさん遭いました。

 

なかでもこれ ↓(かなりかわいい!)

 

www.kickstarter.com

 

彼らは総額で2億ぐらい??集めたはずですがもう5年経過しても商品が発送される様子がありません。

 

時折チームから「今日も頑張って200個作ったからねぇ~もうちょい待っててぇ~」という感じで頑張ってますアピール のメールが来ます。

 

憎み切れないろくでなし野郎ども です、、、笑い

 

キックスターターの運営側も手数料を懐にいれている以上もう少し責任ある対応が有ってしかるべきと思うのですがこうしたトラブルには全く関与してこないのが現状です。

 

クラウドファンディングは参加者の自己責任ということです、、、

 

まあ他にも詐欺もどき案件たくさんあるんですけどやめておきます。

 

言いたかったのはクラウドファンディングは素晴らしい仕組みで多くの素晴らしいアイデアが実現していますが少なくない数の悪意ある参加者がいるという事です。

 

 

55はキックスターターには10回以上参加しましたが届いた商品で実際に現在も使用している物は2個ぐらいです。

 

腕時計とバックパックのみ、、、

 

打率は2割!!

 

「このアイデアは良いな!欲しい!」っと思ってカードで支払ってから2年も経過して製品が届く場合も多いのでその時には箱を開けるのも面倒くさくて箱ごと放置しているものもあります! 笑い

 

 

 最後に届いたのはミストシャワーヘッドですが開封する気力もうせて放置してます。↓これ

 

f:id:guesthouse55:20190417170730j:image

 

55がたどり着いた境地はクラウドファンディングは寄付だと思ってお金を投げるという事です。

 

「頑張れよ!!」応援してるよという気持ちです!!

 

万が一素晴らしいリワードが届いたらそれはまさに奇跡だという事です。

 

届いた商品が想像以上に素晴らしいということは期待しない方が良いです。

 

何故なら昨今の映像技術は素晴らしくプロモーションビデオを越える事はありえません。

 

そこそこの物が来ればそれで満足すべきです! キッパリ

 

あらためて言っときますけど 55は「キックスターター大すき 」なんですよ、、、笑い

 

 

マジックのいたずら書きも一撃??

 

 

 

子供の落書きは世界中でお母さんの悩みの種のようです。

 

真っ白いドアに油性のマジックでぐるぐるといたずら書きをされたお母さんが勧められたのは  Cif というメーカーの Cream Cleanerという製品 です。

 

本日の英単語 油性マジック= permanent marker

 

日本でいうところのマジックリン??ってところでしょうか?

 

このニュースを読んで55が一番驚いたことは油性マジックのいたずら書きが消える事ではありません。

 

日本の アマゾンでこの製品が100倍の値段で売られていた事 です。

 

100倍ですよ!!! 笑い

 

www.thesun.co.uk

 

 

現地で150円の品ががなんと16665円という転売パワーです。

 

きっと駐在で日本に住む人たちが使い慣れた製品を買うんでしょうね!

 

それにしても100倍とはたまげた55です、、、笑い ↓

 

f:id:guesthouse55:20190417101518p:image

 

https://www.amazon.co.jp/Professional-Cream-Cleaner-Lemon-500ml/dp/B00FZN8J5A/ref=sr_1_fkmrnull_1?__mk_ja_JP=%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%82%AB%E3%83%8A&keywords=Cif+cream+cleaner&qid=1555402407&s=gateway&sr=8-1-fkmrnull

 

 

 

吹きこぼれない方法!

 f:id:guesthouse55:20190412143958j:image

 

お蕎麦を茹でると吹きこぼれる!!

 

これが結構めんどくさい…

  

鍋に水を入れて沸騰するまで5分から10分そこへ麺を投入してつきっきりで5分。

 

ちょっと目をそらすとぶわーっと吹きこぼれてしまう。

 

下手するとガスの火が消えてしまいます。

 

それを防ぐには沸騰する前にちょこちょこと水を足すか火を弱めるか鍋を火から離すか?

 

とにかくつきっきりで油断ならないのです。

 

そこで裏技です。

 

テフロンの大きめのフライパンを使います。

 

これで茹でれば麺を投げ込んでおいて放置しても吹きこぼれる事はありません。

 

何故なのかは理由は55には分かりません、、、笑い

 

まずはフライパンにお水を入れてタイマーを5分にセット強火でお湯を沸かします。

 

この間もガスレンジからは離れていてもokです。

 

 お湯が沸いたら 麺を投入してタイマーを4分 でセット。

 

 麺を投入してからもガスレンジのそばにいなくても大丈夫です。

 

55は麺を湯に投げ込んだら一切さわりません!!

 

超放置プレーです、、、笑い

 

タイマーセットは必須です。

 

これを忘れると痛い目にあいます!! 笑い

 

鉄製のフライパンで油ギトギトだと無理ですけどテフロンのフライパンなら大丈夫です。

 

55は大体冷たいお蕎麦で食べるので茹で上がりのタイマーが鳴ったらゆで汁を少しすくって蕎麦湯に残してざるで湯切りします。

 

冷たい水で麺を洗ってそばつゆで食べて蕎麦湯で麺つゆをすすれば大満足です!

 

茹でこぼしで悩んでいるあなたも是非試してみてください! 笑い

 

55が超おすすめの乾麺はこちら↓

 

guesthouse55.hatenablog.com

 

 

 

 

壺ニラ!!最高!!

f:id:guesthouse55:20190411130622j:image

 

 Twitterで毎日のようにバズりまくっているリュージさんのツボニラ作ってみました。

 

はっきり言って美味すぎて酒飲みすぎちゃいます… .

 

簡単に言えば辛いニラなんですけど味がしみて少ししんなりしてくると箸が止まりません!

 

酒が止まりません!!

 

このレシピの凄いところは豆板醤を使わない事 です。

 

いつも有ると思うな豆板醤! 笑い

 

 

材料はこれ

 

・ニラ 1袋
★味噌 小さじ2
★醤油 小さじ1
★塩 小さじ1/4
★うま味調味料 小さじ1/3
一味唐辛子 小さじ1/2
★ごま油 小さじ2
★おろしにんにく 少々

 

f:id:guesthouse55:20190411130853j:image

 

 星印の材料をとにかく混ぜてそこに刻んだニラを投入して和えれば完成

 

ニラがしんなりしたら食べごろです。

 

気が短い人はニラを30秒ぐらい電子レンジにかければすぐに食べごろ。

 

55は上のレシピに輪切りの唐辛子も投入してさらに辛さをUPしてあります。

 

食べ始めると止まらなくなります!

 

食べ終わったら歯を磨かないと人には会えないですけどね、、、笑い

 

 

 

 

コーヒー豆から出来たカップ??

f:id:guesthouse55:20190410100833j:image

 

ドイツ人のコーヒー好きは有名です。

 

1年の年間消費量が日本人の約2倍と言うからすごい。

 

プラスチックカップや使い捨て紙コップが環境問題で敵視される中で日本ではあまり見かけないコーヒーカップがドイツでは人気だという。

 

写真のカップはコーヒーを抽出した後のコーヒーかすから作られているというかから俄かには信じられない。

 

コーヒーを入れた後の豆カスだけではやはり強度が不足するらしくセルロースをくわえることによって開発に成功したらしい。

 

値段はカップ一つ1900円と安くはないがこのカップを持参すればコーヒーなどが割引になると言うこともあり人気は高いと言うことです。

 

コーヒーカップは少しコーヒーの香りがするらしいです。

 

コーヒーショップにとってもコーヒーかすの廃棄にはお金がかかると言うことで一石二鳥です。

 

北欧の家具メーカーはコーヒーかすから家具などが作れるのではないかと興味を示していると言うことで将来的にはコーヒーの香りがする家具が登場するかもしれませんね…

 

 

路上討論で生きる??

 

 

ホームレスの人たちが駅前などで販売しているビックイシューと言う雑誌が先日大きな話題になりました

 

ホームレスの自立を助けるという目的で発行されている雑誌ですが知らない人にとってはなかなかホームレスの人から買うのに若干抵抗があったのも事実のようです。

 

今回爆発的に売れた大きな理由の1つは大ヒット中のクイーンの映画を見た人たちが表紙のフレディにひかれたためです。

 

販売部数が過去最高を記録したと言うからフレディ効果ハンパないですね。

 

 SNSにも多くの写真等が上がり今まで全く興味のなかった人たちがビックイシューを買ったようで非常に素晴らしいことだと思います。

 

中にはビックイシューは貧困ビジネスだと言う筋違いな批判も多く目にしました。

 

bigissue-online.jp

 

そうした批判にはTwitter上でビックイシュー側が1つずつ丁寧に答えていたのも印象に残りました。

 

最近見かけたビデオでちょっと衝撃を受けたものがありますのでご紹介します。

 

これは路上での新しい仕事 ストリートディべーター です。 

 

 

Street Debater/JP from Tomo Kihara on Vimeo.

 

 

Streeet Debater という画期的な仕事を創出したのは 木原 共さんという日本人です。

 

 

 

 このビデオで最も印象に残ったのは 助ける側と助けられる側というのではなくディベートを通じて平等な会話が出来るという点です。

 

ロンドンではこのストリートディベートで1時間平均で13ポンド稼いでいるっていうから日本のアルバイトよりも稼げるようです!!

 

何よりも素晴らしいのはディベートは物乞いではないという点でしょう。

 

問題を提起して道行く人に訴えてその問題について議論をする。

 

お互いに討論することで相手の物事への理解も深まるという訳です。

 

そして最も画期的なのは賛成反対を表明するのにお金を使ってその重さで判断すると言う点です。

 

YESかNOか自分の意見に従って天秤ばかりの皿の上に効果を置き自分の意見をディベートの結果に反映させる方式です。

 

物乞いをするのは非常に自尊心を傷つけますけれど議論の結果を相手に直接要求することなく自然に硬貨を投げ込んでもらえると言う仕組みこれは画期的だと思います。

 

 

イデアを駆使して努力を惜しまなければ路上生活から脱出する事も可能な事です。

 

この天秤ばかり方式は非常に素晴らしいと思います。

 

大阪でもしもストリートディベートをやるとすると設問はこんな感じでしょうか?

 

大阪都構想に賛成ですか反対ですか?

 

お好み焼きよりたこ焼きが好き?YES or NO

 

③ 阪神は今年優勝する?YES or NO

 

 

けっこう稼げるような気がしてきました、、、笑い

 

ウエブサイトはこちら↓

 

www.streetdebater.com

 

 

medium.com