ゲストハウス 55  泣き笑い

ゲストハウスを経営してる55(GoGo)のブログ 宿屋の日常と世界の話題

ゲストハウスもホカホカ弁当戦争化必至??

 55の地域も大きなホテルやビジネスホテル、ゲストハウス、民泊とかなりホテル戦争が激化していますが今後多くの地域で血で血を洗う事になるでしょう。

 

以下のツイートはまさに戦闘開始直前の悲痛な叫びだと思います。

 

 

ツイートでは一軒だつたゲストハウスが三軒に増えるから危機的な状況だ!、、、とありますが実際には民泊と合わせて今後さらに五軒十軒と増えて行きつく所ところまで増えるというのが考えるのも恐ろしい現実です。

 

これは過去にも宿泊業界で起こっています。

 

民宿ブームそしてペンションブームそしてゲストハウスブームと民泊です。

 

政府主導で規制が緩和されて俺も私もとなだれ込んだ過去の歴史があります。

 

民宿ブームの時には全国の漁師さんが宿泊業になだれ込んでゴールドラッシュが起きましたからね、、、笑い

 

今後は爆発的に増える宿同士の長い長い消耗戦が繰り広げられる事になるでしょう。

 

55の地域近隣の高級旅館なども数年前まで1泊3万〜5万だった宿泊代金が最安値で二食付きで7800円ポッキリ!まで下落という具合ですので皆さんすでに臨戦態勢で必死です。

 

消耗戦に敗れて多くの宿が消える時まで数年~10年程度かかるかな?。

 

その間資金的に耐えられなければ消える運命です。

 

55はこの現象をホカホカ弁当戦争と呼んでいます。

 

日本ではこの商売がイケる!!っとなると一億火の玉となって参入しようとする傾向が有ります。

 

ホカホカ弁当ブームを知ってる人なら覚えていると思います。

 

誰もかれもがホカベン参入!

 

「ゴールドラッシュ~~~馬車を出せぇ~~♬」でしたよね。

 

その結果一億火の玉となって玉砕して焼野原に大手ホカ弁チェーンだけ数社が残るという事になりました。

 

55の地域でもゲストハウスの隣に気が付いたら新しいゲストハウスが出来た!という笑えない状況に突入しておりますので戦闘状況は昨年からますます激化しとります。

 

これから数年は大手も続々と参入してきますので気を抜けば即死の宿泊業界です。

 

55も必死で弾丸をよけつつだらだら血を流しつつ生き抜きたいと思っています。

 

「みなさん!!生き残りましょう!!」笑い