ゲストハウス 55  泣き笑い

ゲストハウスを経営してる55(GoGo)のブログ 宿屋の日常と世界の話題

ゴミ分別出来ると思ったらそれは間違い。

民泊でゴミの分別が問題になっているけどこれはそもそもゴミの分別を出来ると思っている事に原因があると思う。

 

外国人ゲストはゴミの分別は出来ないという発想から対応しないと問題は解決しない。

 

ホストが常に常駐している宿は宿主が最後は分別すれば良いと思う。

 

日本人でさえ出来ない人が居ることを忘れてはいけないと思う。

 

 

集合住宅マンションなどでの民泊でホストが常駐してない場合は特に分別させるのは無理だというところから始めないと必ず問題が起きる。

 

55のマンション貸し切りスタイルの民泊物件は現在は新法の規制で稼働を止めているがゴミの分別はバルコニーにでかいゴミバケツを置いて対応していた。

 

ゴミ集積所に持って行って確実にルール通りに廃てて貰えると考えるホストが居たらその考えは根本から間違っていると思う。

 

それは無責任というもんです。

 

ペットボトルのラベルははがしてキャップは外して分けて捨てるなんて理解してもらう事は不可能だ。

 

ましてゴミごとに色の違うビニール袋に分けて捨てるなんて出来つこない。

 

自治体によつてもルールは様々で外国人観光客は旅をすると様々なローカルルールに戸惑う事になる。

 

バルコニーにでっかい蓋つきのバケツを2つも置いとけば何組かのゲストのゴミは入るからそれをホストが後日分別すれば良い。

 

こうすれば廊下にゴミを放置するような問題はだいぶ改善するはずだ。

 

民泊も商売なんだから金を貰う以上そのくらいはしようよ。

 

民泊はまだ始まったばかりで借りる側も貸す側もまだまだ初心者だという事なんです。

 

なんでこんな事も守れないのか?っていう発想は捨てないとこれからも多くの問題が発生します。

 

ゴミの分別は完璧にやってもらおうと思っているホストが居たら考えを改めた方が精神的にも良いと思います。

 

多くを求めれば求めるほど問題は増えます。

 

出来ないことを求めたら問題は解決しないと55は思います、、、