ゲストハウス 55  泣き笑い

ゲストハウスを経営してる55(GoGo)のブログ 宿屋の日常と世界の話題

時事問題「民泊で今起きている事」その2

 

テーマ:エアビー社の危機管理の太っ腹

 

guesthouse55.hatenablog.com

 

違法な民泊物件がAIRBNBのサイトから消えて強制的にキャンセル処理となった。

その違法状態の物件に泊る予定だったお客様が路頭に迷っていると書きましたがいろいろ情報が入って来ましたので追記します。

◎ Aさんの場合:沖縄旅行でエアビー社を通じて安い宿(数泊で1万円)を予約していたのですが強制的にキャンセルとなり宿無しとなった。

◎エアビー社の対応:Aさんに対して1万円の返還はもちろんの事、それに加えてお詫びの印として1万円分の現金クーポンを配布した訳です。しかしAさんが予定していた地域の違法民泊は全て抹消されてしまい、Aさんは他に方法がなくてファイブスターの高級リゾートホテル(民泊ではない!)を他の予約サイトを通じて11万円で予約しました。計算できる人ならもうお分かりでしょうがAさんは11万円から1万円を引いた10万円の損失を出した訳です。これをAさんはエアビー社に相談したのですがその答えが驚きです!!

エアビー社「ご安心ください!!不足分10万円それも全部うちが払います!この度は本当に申し訳ございませんでした!!」

これを聞いた55は正直「エアビー社には勝てない!」っとその危機管理能力の高さ、損して得取れの精神と札束の威力にひれ伏した訳です、、、笑い

案の定Aさんはその対応後にツイッターで「私はエアビーをこれからも生涯使って行く!!エアビー♥」とつぶやいています。

今回の民泊新法への対応を一つ間違えれば存在すら危ぶまれる危機をこのような危機管理でエアビー社は乗り切ろうとしています。

55のような弱小宿泊業者にとっては民泊は天敵なのですがこの対応を見ると戦う事はすなわち即死であると思った次第です、、、その3に続く 

 

guesthouse55.hatenablog.com