ゲストハウス 55  泣き笑い

ゲストハウスを経営してる55(GoGo)のブログ 宿屋の日常と世界の話題

時事問題「民泊で今起きている事」その1

民泊新法が今月の15日から動き出しました。

 
エアビーを使っている人も少ないし宿業でもやってないとこの規制で今どんなことが起こっているのかも分からない事でしょうから少し解説。
 そもそもオリンピックに向けて訪日する外国人の泊るホテルが足りないと規制を緩和して黒船エアビーの上陸を許した政府ですがすさまじい勢いで素人が参入して宿泊価格が大暴落。
東京などでは一泊1100円というレベルまで下落して既存の●パホテルなどを含めてエスタブリッシュ陣営は大打撃。
そこで●パホテルなどが政治的に規制強化を求めて強烈な締め付けをかましてさすがのAIRBNBも民泊新法にひっかかる物件をサイトから強制的に抹消しました。
 こうなると素人が始めた民泊物件は集客の方法が無くなるので許認可を取るか廃業するかしかないのですがもともと旅館業の規制は非常にややこしく複雑で素人が簡単には取れないので現状ではほとんどが諦めモードという訳です。
 
最大手エアビーのサイトから抹消された物件が80%ですので一時的に日本でのエアビービジネスはほとんど終わったようなものです。(個人的にはこの裏にはエアビーの市場を狙う楽●の二木谷辺りが絡んでると踏んどります、、、笑い)
 
さて問題は違法状態の物件が削除される前に獲得していた6月15日以降の予約ですが当初エアビー社は「勘弁してもらえるんですよね、、、お役人様ぁ~」っと考えていたのですがお代官さまは「控えおろ~~頭が高いぃ~違法に決まってんだから6月15日以降の違法物件のお客の宿泊は全部まかりならん!」とこうなった訳です。
 
さて海外から日程を組んでエアビー利用で日本に来ようとしていた外国人様御一行は一気に宿無し状態に成った訳です。
 
そこでエアビー社は 違法状態宿無し野宿覚悟 に置かれたお客さんに「もちろん全額お金も返すしお詫びのしるしに詫び石ポイントあげるからエアビーの中から好きな宿を選んで頂戴!」と数十億円をばらまき始めてるのが今夜の状態です。
 
しかし、、、ですよ、、、
 
エアビーのサイトからは違法状態の物件が消えて北海道などは94%消滅してるんで詫び石ポイントで宿を押さえようにも物件が無いのが現状。
正確に言うと<タダ同然の物件>が消えてエアビーから貰った詫び石ポイントでは泊れない高い宿しかないのでどうしましょう??と路頭に迷ってる人がたぶん数万人いる訳です、、、
 
日本に来ようと思ったけど「止めた!」という人まで出てるんですね、、、悲惨
 
55は宿泊業の許認可を持ってるのでエアビーに部屋の一つを掲載しているのですが昨日あたりからエアビー非合法宿無し難民から問い合わせが殺到しています。
 
55のような安宿にとっては民泊解禁は大きな脅威ですが、鳴沢は政府による企業活動への規制には大反対の立場なんでエアビーのようなシェアリングエコノミーは世界の流れで止める事は出来ないというスタンスです。
 
盛者必衰栄枯盛衰
 

もう一度話の原点に戻れば「何故?民泊推進に舵を切ったのか?」長年の岩盤規制で素人が簡単には手が出せない守られた宿泊業界という大きな船の舵を切って出港したと思ったら5分後に「港に戻れ!!」ってそれはあんまりだよおっかっさん!!って言いたい。

 
老後の楽しみで「空いてる子供が使ってた部屋を週末に訪日外国人に貸して国際交流したい」ってな純粋な人も居たはずですけど全員死亡です。
 
「年金じゃ生きて行かれないから頑張ろう」ってな爺さん婆さんも全滅全員死亡宣告です。
 
オリンピックまでは目をつぶって本来の目的を達してから徐々に首を絞めれば良いものを一気に息の根を止めるとは全く理解に苦しみます。
 
規制規制その上に規制で新しいビジネスをつぶしまくる日本って本当に悲しい、、、、
 
初めまして!

guesthouse55.hatenablog.com