ゲストハウス 55  泣き笑い

ゲストハウスを経営してる55(GoGo)のブログ 宿屋の日常と世界の話題

SOSで命拾い?? abcnews

アラスカの原野で火事が発生して山小屋を消失した男性が3週間生き延びて無事に救助されました。

 

タイソンスチールさんは自宅から30日キロメートルほど離れたアラスカの原野の小さな小屋で昨年の9月から過ごしていて火事に遭いました。

 

火事の原因は古い薪ストーブに段ボール紙を詰めて燃やした事で屋根から出火しました。

 

救助されたきっかけは雪の上に大きく描かれたSOSと言う文字を救助隊が発見したことです。

 

火事の際に家から飛び出した彼は犬も逃げたと思いましたが犬は焼け死んでしまったそうです。

 

焼け落ちた小屋の中に雪洞を作って暮らしながら缶詰を少しずつ食べて3週間生き延びたそうです。

 

SOSという文字の力は世界共通で覚えておきたいですね。

 

abcnews.go.

 

 過去の記事でもSOSと大きく書いたことで無事に救助された例がありましたね。↓

 

guesthouse55.hatenablog.com