ゲストハウス 55  泣き笑い

ゲストハウスを経営してる55(GoGo)のブログ 宿屋の日常と世界の話題

画期的な4倍高性能なバッテリーの開発に成功?? CNN

オーストラリアの研究者らは、スマートフォンを五日間充電し続けたり、電気自動車を1,000キロメートル走らせたりできるリチウム硫黄蓄電池を開発したと発表した。

この技術が広く利用されるようになれば、より環境に優しく、より効率的なエネルギーを追求するうえで、大きな前進となるだろう。


メルボルンにあるモナシュ大学の研究チームによると、同社が開発したリチウム硫黄蓄電池は「世界で最も効率的で」であり、従来の蓄電池の四倍の性能を発揮できるという。


研究者らは、この技術革新を商業化することで気候変動との戦いにおける利点を強調した。


市販されている電池のほとんどはリチウムイオン電池ですが、リチウム硫黄電池はエネルギー密度が高く、長時間物体に電力を供給できるため、長い間魅力的でした。
しかし、リチウム硫黄蓄電池の寿命ははるかに短い傾向がある。一部の航空機や自動車に採用されているが、これまでの量産化やリチウムイオン電池の段階的廃止の試みは失敗に終わっている。

主任研究員のMainak Majumder教授はプレスリリースで、彼らの研究は「オーストラリアの自動車市場に革命をもたらし、すべてのオーストラリア人に、よりクリーンで信頼性の高いエネルギー市場を提供することになる。」と述べた。


研究はオーストラリア政府から資金提供を受けており、同グループはこの新しい電池の特許を取得しており、さらなる試験は今年後半に予定されている。


電気自動車の急速な普及は、大量のバッテリー廃棄物の山につながる可能性があるとも警告している。

 

 

edition.cnn.com