ゲストハウス 55  泣き笑い

ゲストハウスを経営してる55(GoGo)のブログ 宿屋の日常と世界の話題

MMTって何???

 

f:id:guesthouse55:20190318095335j:image

 

55は今日初めてMMTという言葉を目にしました。

 

言いだしっぺは先日取り上げた民主党の若きホープ アレクサンドリア コルテス下院議員。

 

 関連記事はこれ↓

guesthouse55.hatenablog.com

 

55がMMT超訳するとこうなります。

 

「歳入と歳出のバランス均衡??そんなうぜぇ~こといってんじゃねぇ~よ!世界は米ドルで回ってんだからアメリカは無敵なんだよ!破綻するわけねぇ~じゃんか!!米ドルどかすか刷ればいいだけなんだからよぉ~じゃかすかドル刷ってばんばん使えばいいんだよ!ばぁ~か!」

 

こんな論理です、、、笑い

 

本日の英単語 Modern Monetary Theory=MMT=自国通貨を無制限に発行できる政府は物価の急上昇が起きない限り政府債務が増えても問題がないとする経済理論。

 

 日本も歳入と歳出のバランス=プライマリーバランス命!って言いだしたのは55の記憶では竹中平蔵さんじゃなかったかな?

 

この均衡が崩れるとハイパーインフレが襲ってくるという恐怖と共に語られるプライマリーバランスです。

 

日本も国民の借金が1000兆円超えた!とか大騒ぎしていますがいまの所ハイパーインフレは起こっていません。

 

いまの所 MMT理論通りです。

 

ハイパーインフレどころか日銀が輪転機高速回転させて24時間ノンストップで1万円札を刷りまくって2%のインフレ目指してるんですけどそれが起こらない。

 

日本でもリフレ派(=ゆっくりとしたインフレを継続することで経済運営が好転するという一派)の意見がいまの所当たっているようです。

 

しかしどこまで借金を膨らませてよいのかは誰にも分らない。

 

ある日バンと音を立てて崩壊するかもしれないし全く崩壊しないかもしれない。

 

これは今や誰にも分らないというのが本当の所でしょう。

 

もちろん55には全然予想がつきません。

 

プライマリーバランスに厳しいドイツ人が聞いたら卒倒しそうなMMT理論ですが誰にも正解は分からないというのが本当の所なんじゃないでしょうか?

 

自国通貨を自由に印刷出来て物価の急上昇が起きない限りは無尽蔵に国は借金をしてよいというのが夢のようなMMT理論です。

 

これが事実なら日本銀行は1万円札をドカスカ刷って国民一人一人に15万円ぐらい毎月配っても全く問題は無いって事ですよね!

 

4人家族でベーシックインカム45万円が自動的に配られるなんて素敵な事でしょう。

 

MMTバンザイ!

 

ベーシックインカム万歳!! 

 

 

 

関連記事

 

 

guesthouse55.hatenablog.com

 

 

guesthouse55.hatenablog.com