ゲストハウス 55  泣き笑い

ゲストハウスを経営してる55(GoGo)のブログ 宿屋の日常と世界の話題

民泊客とのメールって代行可能か?「そんな事出来ひんやろ、、、」

55も民泊のお客様とメールのやり取りをしていますがこれを代行するっていうサービスを発見しいました。

いったいどうやって代行するんだろう?

物件をたくさん持っているホストさんは毎日数十通のメールをやりとりしているので代行してくれるのならそれは楽でしょうね、、、

 

55はAIRBNB での予約でお客様の即決で予約を確定させるのではなくて55が予約希望を精査してそれを最終的に55がそれを承認する方法でうけています。

 

もちろん承認なして予約を確定する方がお客様も手間がかからないので予約制約率が上がるのは事実です。

 

しかし、エアビーで55が良いなと思ってる点は宿側がお客様を選べるという事だと思っているので最終的に予約を受けるか受けないかは宿側が選べる方法を気にいっている。

 

この方法を選ぶとゲストとメールのやり取りをする事になりますのでそのやり取りでお客様の事が少しではあるけれど判断することが出来る。

 

55の経験ではゲストのアイコンが 犬だったりする動物系はちょっと避けたいタイプが多いです。

 

得に民泊経験の浅い日本人ゲストには注意してます。

 

メールでやりとりする際になんかちょっとした違和感を感じたりする場合も多いですね。

 

そんな時にはお断りすることも多いです。

 

もちろんメールを読んで一発でこの人は是非利用して欲しい!っと思うことも有るわけです。

 

このあたりを代行して丸投げすると民泊の大切な部分を捨ててしまうような気もしています。

 

もちろん英語で何通もやりとりするのは非常に骨の折れる事で丸投げ出来たらどんなに楽だろうと思う訳です、、、

 

エアビーの仕組みをご存知ない方も多いと思うのでちょっと補足しますがホスト(宿)がお客様の予約を受けたくない場合は受けない事が出来ますがそれをすると拒否した期間はエアビー社からは予約を受けられないという事が起きます。

 

そんな時には裏技が有ります。

 

同じ物件をもう一つサイトにあげてその期間のみを予約可能にして別の方からの予約希望を受ける事が出来ます。

 

どうしてもこの期間を埋めたいって場合に55もやったことがあり実際に問題は起きませんでした。笑い

 

宿業にとってお客様を宿側が選べるのは非常に画期的な事ですので55はこの方法を選んで良さげな人を受け入れています。

 

レビューも双方のコメントが出そろった場合に公表されるので一方的に不平不満をいわれて嫌な思いをすることも減ります。

 

通常の予約サイトからのレビューはお客様が宿について評価を一方的にするという形式ですので時折「なんでやねん?」というレビューを受けて心が痛いという事も有ります。

 

しかし、民泊 特にエアビーの方法は貸し手と借り手の双方向評価なのでゲスト側もとんでもない悪い評価を受ければ今後エアビーを使って安く宿泊する事が出来なくなるので気配りをしてくれる場合が多いと感じています。

 

もちろん過去にとんでもないゲストに遭遇したことがあるのですがこんな時には遠慮なく「初めて遭遇した悪夢のようなお客様でした、、、」と55はいれた事があります。

 

一回だけですけどね、、、笑い

 

確かに手間がかかる民泊でのメールのやり取りを外注できるのは夢のような事ですけど55はちょっと懐疑的的ですね、、、