ゲストハウス 55 

55(GoGo)のブログ 55の日常と世界の話題

28億円払ってジェフベソスと一緒に宇宙旅行する謎の人物は前澤さん?

アマゾンの創業者ベソスさんが宇宙旅行するのは知っていたがその同じロケットに同乗する権利がオークションで販売されていたのは知りませんでした。

 

その額なんと28億円!!

 

まだ名前は公表されていませんが前沢さん?? 笑い

 

www.bbc.com

 

アマゾン創業者ジェフ・ベ2000万ゾス氏が率いるブルーオリジンによる初の有人宇宙飛行のシートを謎めいた人物が2800万ドルで落札した。

 

この落札は土曜日のオークションで行われたもので、Blue Originは数週間以内に落札者の身元を明らかにするとツイート。

 

入札プロセスは140カ国以上から関心を集めました。

 

7月20日のフライトの他の2人の乗組員は、ベゾス氏の兄弟マークと名前は明かされていない宇宙旅行者である。

 

一ヶ月近くの入札プロセスの後、最高入札額は500万ドル弱だった。しかし土曜日のオンラインオークションが始まると、その額は五倍以上になった。

 

「落札額はBlue Originの財団@ClubforFutureに寄付される。」とBlue Originはツイートした。

Bezos氏の兄弟Mark氏は、Blue OriginのロケットNew Shepardで予定されている飛行を「素晴らしい機会」と説明した。

 

Blue Originのウェブサイトによると、同社は乗客に微小重力を体験させるために、地球の表面から100 km (62マイル) 以上上空で飛行させる計画だという。6人乗りのカプセルはパラシュートを使って地球に帰還する。

 

所要時間は約10分。

 

New Shepardブースターは、宇宙から帰還した後、地面に垂直に着陸できる。この名前はアラン・シェパードにちなんでいる。

 

最初の有人フライトは、Bezos氏がAmazonのCEOを辞任する計画を立てたわずか数週間後に行われた。

 

その代わり、同氏は30年前に自身のガレージで創業した大手Eコマース企業のエグゼクティブチェアマンを務め、「時間とエネルギー」他のベンチャー事業に集中できるようにするという。

 

一方、ライバルの宇宙のパイオニアは、Bezos氏を出し抜くかもしれない。リチャード・ブランソンは、7月4日に彼のVirgin VSS Unityスペースプレーンのテスト飛行に参加するかもしれないと考えられている。

 

【BBC】パキスタンの女性下着ビジネスに潜む微妙な問題。

BBC記事超訳

 

パキスタンでは女性下着について話題にすることもはばかられるために快適で適正な値段の下着を手に入れる事も難しい。

 

驚くべきことに下着製造工場で働いていることさえ恥ずかしいので家族以外には話さないようにしているという。

 

こうした環境でセクシーさではなく快適で安い女性下着を提供しようと格闘しているムーアさんは多くの困難に直面している。

 

 

www.bbc.com

 

 

警備員が入ってこないと思われる場所はたくさんあります。

パキスタンでは、そこはランジェリーショップかもしれません。

 

15カ月前、マーク・ムーアはパキスタンの首都イスラマバード着色ガラスの店の入り口で、二人の警備員に制止されました。

 

注(パキスタンではランジェリーショップは外から見えないように着色されたウインドーガラスの店が多い)

 

女性下着店に入って何をしていると思われたのでしょうか?

 

ムーア氏の友人が彼が外交官で妻の下着を買っていると嘘をついてやっと彼らはムーアさんは解放されました。

 

しかし、ライスター生まれのムーアさんは、パキスタンの女性に高品質で手頃な価格の快適な下着を届けるという彼の任務を完遂するための研究を行っていた。

 

問題は警備員問題は彼の行く手をはばむ数多くの障害の一つにすぎなかったことだ。

 

基本的には、男性と女性では下着の考え方がかなり違います。そして男性に関しては、それは一般的に「セクシーで魅力的な」を意味する傾向があるとMoore氏は説明する。

 

「レースや透け感のある素材など、話し合って決めます。一方、女性は自分たちが使う製品の快適さと信頼性を望んでいる」

 

高価な輸入品を買う余裕のない大多数のパキスタン女性にとって、快適さと信頼性は夢のようなものだ。手頃な価格の選択肢のほとんどは、さびた留め金と、着用者の皮膚を突き刺すために這い出る尖った下部ワイヤを有することが知られている。

 

ヒラ・イナム27歳「この10年間、自分のサイズやブラジャーの形を見つけることができませんでした」とラホールのアナルカリ市場の外に立ってBBCに語った。

 

「素材がよくないことが多いです。常にかゆくて、汗をかいた時にはカップの周りにかぶれてしまいます。」

 

 彼女の言葉は市場の他の人たちにも反響がある。

 

「肌にフィットして快適なブラジャーを見つけるのに多くのお金と時間とエネルギーを費やしてきました」と、別の女性は名前を明かさずに言う。「しかし、私は今まで失敗してきました。カップの中のワイヤーが最初に出てきます。そして気をつけないと本当に肌を傷つけてしまいます」。

 

高品質で手頃な価格の下着への需要は明らかにある。しかし、ムーア氏の製品は、パキスタンの繊維産業の中心地ファイサラバードの工場で製造され、英国の主力製品であるM&Sとデベンハムで長年働いてきたことに影響を受けているがまだ飛ぶようには売れていません。

 

でもなぜ?

 

パキスタンの女性へのマーケティングは、少し難しいのです。

 

下着に関する話題は少なくとも公の場での議論はタブーだからです。

 

30年ほど前から口コミが鍵となった。

 

カラチのMeena Bazaarでは、高品質でフィット感のある下着を販売する小売業者が、個人的なアドバイスに基づいて、ほぼ瞬時に売り上げを急増させる可能性があった。

 

雑誌は遠くに住む女性購入者を誘惑するために注意深く選ばれた広告を出した。

 

しかし、デジタルに移行したことで、これらの雑誌は廃れてしまった。一方、ソーシャルメディアのキャンペーンは、おそらく現代のパキスタンで最も情報を得るための最善の方法だろうが、「下品な」というレッテルを製品に貼るリスクを冒している。


それに、女性がディスプレイで誘惑されてお店に入るわけでもありません。ムーア氏が数カ月前に発見したように、ほとんどの下着店はブランド化されておらず、色つきのガラスを自慢している。つまり、通り過ぎる人々の多くは、彼が言ったように、何を売っているのか推測するのに苦労するのだ。

 

下着店が目立つ商店街もあるが、ごく一部の人しか利用していない。

 

ムーア氏は、より大きな小売店や大手ブランドと提携することが最善策であると助言された。それは、安全で、手頃な価格で、セクシーでない下着の概念を男性でいっぱいの役員室に説明することを意味する。

 

「私のチームと私が製品、つまりブラとパンティーをテーブルに置くと、男性たちはクスクス笑う。」と彼は言う。

 

「私が今一番苦労しているのはブラやパンティーは刺激的なものではないということを多くの人に知ってもらうことです」とムーア氏は付け加えた。

 

「それは利用者の安らぎと快適さの産物であり、我々はその売買を正常化すべきである」

しかし、まだまだ先の話のようだ。

ムーア氏が訪問したほとんどの製造会社やブランドでは、下着を承認する役員やデザイナーの大半は男性だ。

「彼らにアイデアを売り込まなければなりません」と、ファイサラバード工場のオペレーションマネージャーであるカマー・ザマンは説明する。

 

「そして、女性はどちらかのアシスタントで、提案をするために呼ばれます。しかし、女性が男性でいっぱいの会議室で下着姿で好きなことについて意見を交換するのは気まずい会話だ。」

 

しかし、女性が自分の工場で上級職に就く機会を増やそうとする彼ら自身の試みは、あまり成功していない。

 

「私たちは、スタッフやより高い地位に就く女性を募集する広告を出しましたが、家族と話をして、私たちに連絡してくれると言う人がいました。」とムーアさんは説明する。

 

「2人が戻ってきて家族に下着工場で働くのは嫌だと言いました」

 

実際、こうした議論は工場内で何度も繰り返されるタブーである。

Sumairaさんは、夫が同行したことを明かした。

 

「私が採用されると、夫は私に、私がどこで働いているかを他の家族に話さないようにと頼んだ。彼らはそれを問題にするだろうから」

 

同じように、別の従業員は、ロックステッチの仕事の面接に行く前に父親に聞いたと述べた。

 

「父は耳を貸そうとしませんでした」と彼女は言った。「私は彼に自分で見に行かせてくれるように頼まなければならなかったし、もし工場の雰囲気が気に入らなければ、私はその仕事を引き受けないだろう」。

 

男性は眉を上げたり、ひそひそ話にも対処しなければならなかった。

アンワル・フセイン氏はBBCに対し、当初は家族や友人から多くの反対を受けたと語った。

「私の友達は私がどこで働いているかをからかった。私の家族は私を工場に行かせることを拒否した。最終的に入社したとき、私は最初、縫い合わされたブラジャーを他の女性同僚に渡すのが恥ずかしいと感じた。だいぶ楽になりました。結局は仕事だから」

 

しかし、今では工場労働者には別の悩みもある。もしこれがうまくいかなければムーア氏はそれが単純に難しすぎると判断し、店を閉め、無数のスタッフを解雇するかもしれない。

 

しかし、これは事実ではありません。

 

パキスタンでは下着を売るのはナンセンスだから、他の選択肢を探すべきだ」 と言われました。」と彼は認めている。

 

「そう、私は下着ビジネスをやめるかもしれない」という思いはある。

 

「しかし、この製品が市場に出るまでは、私はがんばります」とムーアさんは語った。

 

FDAが飲むだけで体重が15%減の新薬 Wegovy を承認!

www.deseret.com

 

米国食品医薬品局は金曜日、2014年以来初めて、新しい減量薬を承認しました。この新薬 「ウェゴビー」 は、既存の減量薬よりも安全で効果的であることが証明されましたと、MSNは言っています。

Science Alertによると、 「Wegovy」 は肥満や過体重の成人を対象に承認されているという。
MSNによると、この薬剤は近いうちに米国の消費者市場に出回る見通しで、価格はまだ確認されていないが、保険なしで月額約1,300ドルになる見込みだと、Science Alertは述べている。

Wegovy


デンマークの製薬会社Novo Nordiskによって製造されたWegovyは、セマグルチドというホルモンによって食欲を抑制する。セマグルチドは糖尿病治療にも使用されるグルカゴン様ペプチド‐1であるとScience Alertは報告した。

 

この承認が重要なのはなぜ?


Science Alertによると、臨床試験では、 「Wegovy」 の患者は68週間で平均15%の体重減少を示したという。既存の減量薬では,体重減少は平均でわずか5%~10%である。

 

Science Alertによると、これまで手術によってのみ可能であった体重減少に対抗できる初めての薬剤は、 「Wegovy」 だという。


値段さえ折り合えば夢のようなダイエット薬ですね。

The Man Behind a Mysterious Miniature Town

f:id:guesthouse55:20210613124423j:plain

 

芸術家マイケル・ポール・スミスは、彼の子ども時代の物語と記憶の瞬間に基づいたミニチュア作品から1950年のユートピア的な町エルジン・パークを作った。

エルジン・パークの写真が急速に広まって、自称隠遁者のスミスは、自分の名声を受け入れなければならなかった。

 

フィルムの作者が彼の人生と、彼の作品のファンとの関係について語っている。

 

芸術家マイケル・ポール・スミスさんが語る子供時代やあらゆる仕事をうまくこなせなくて苦労したことなどがやがて架空の町エルジンパークへと昇華してゆく。

 

ビデオで流れるスライド写真は一つ一つに物語がありそれがミニチュア作品をもとに撮影されているとはとても思えない出来栄えです。

 

 

それらの写真とミニチュア作品がどのように撮影されたのかを知ることが出来るとても貴重な短編フィルム。

 

 

youtu.be

 

作り上げたミニチュア作品を抱えて公園等の片隅に折りたたみのテーブルに

乗せて撮影していますが細かな細部へのこだわりが本物と見間違うほどの写真に仕上がっているのがわかります。

 

神は細部に宿るといいますがまさにこのことですね。

 

 

かき揚げをうまく作りたい。

天ぷらと言うのはなかなか奥が深い。

素人とプロとの差がかなりあるという印象だ。

個人的にはそこそこ上手にあげられるタイプだと思うのだがかき揚げは難しい。

出来上がったものを食べていつも思うのはぼてっとしてとても重たい。

 

YouTubeのビデオを調べていてこれはと思うものに出会ったのでここ数日試している。

出会ったビデオというのがこれ… .

 

 

 

 

ビデオを見て作り始めてから3日目。

 

以前作っていたかき揚げと比べるとかなり軽く仕上がっいる。

 

まだまだ改良の余地はありそうだが個人的にはかなり満足のいく領域まで達したような気がする。

 

かき揚げがうまく作れないと言う人はぜひビデオを参考に挑戦してみてほしい。

 

必見なのは油に【ネタを投入してすぐに菜箸でかき混ぜてばらばらにしてから丸い形に整える】という素人ではけっして発想出来なかった技法。

 

ばらばらにすることでかき揚げのねたに油が通り抜ける無数の穴が出来て揚げ油が上面に通り抜ける事で均一に揚がりやすい点。

 

素人はかき揚げをまとめようとする思いが強いので底の部分がぼてっとしたてんぷら粉だらけのかき揚げになりがちだがビデオの方法なら少量のてんぷら粉と油でさくっとした食感のかき揚げを手軽に楽しめる。

 

是非お試しを!!

 

 

 

f:id:guesthouse55:20210605200523j:image

材料は玉ねぎ4分の1と薄切りのにんじん3枚。

 

これがかなりの大きさのかき揚げ一枚分。

 

小さめなら二枚にしても良い分量。

 

使っているフライパンは直径20センチ程度の小さなもので油もとても少ない。

 

f:id:guesthouse55:20210605200542j:image

 

揚がったかき揚げを網で油切りしている写真

 

やや揚げすぎか?? w

 

 

 

f:id:guesthouse55:20210605201716j:image

 

大好きな小諸七兵衛というそばは下手な蕎麦屋よりおいしいです。笑い

 

f:id:guesthouse55:20210606213201j:image

 

翌日再度チャレンジしたかき揚げ。

 

 

 

LA92 ロサンジェルス暴動とアメリカの人種差別問題 

f:id:guesthouse55:20210605185325j:plain


日本では Black Lives Matterなどの黒人差別に対する運動などを見ていて少し理解できない部分がある。

暴動や略奪や放火などな過激な報道を見ていると何故そうなるのか理解に苦しむ事が多い。

謎が深いのでいろいろと関連映像を見ていていくつか必見だなと思える映像に出会ったのでここに参考として置いておきたい。

 

その中の一つがナショナルジオグラフィックのフィルム LA92

 

今回の暴動のルーツともいえる1992年 ロドニーキング暴行事件とその発端となった警官の暴行と裁判、その後の暴動について詳細に報道している。

 

 

youtu.be

 

 

まだ自分の中で多くの疑問が残っていてうまく言葉には出来ないのでとりあえずリンクを貼って保存しておく。

 

結構長い映像なのですがお時間があればアメリカの黒人と警察の間にある埋める事の出来ない深い溝に対する理解を深められると思うのでご覧ください。

 

今後も追記してゆくかもしれません。

 

記事をアップしてから数日経過して少し頭を整理してみました。

 

全米で毎日毎日警察に取り押さえられる人の数はおそらく人種を問わず数千人になるのではないでしょうか?

 

もちろん多くの白人も警察に逮捕されているはずです。

 

しかしその白人が首根っこを10分近く膝で押さえつけられて息の根を止められて死亡したと言うニュースはなかなか見つかりません。

 

LA 92を見るまでは「なぜ逮捕されるときに無駄な抵抗をするのか?おとなしく逮捕されていれば殺される事は無いのではないか? 」と言う素朴な疑問を抱いていました。

 

アメリカンフットボールのラインバッカーのような体格の人間に暴れられてしまえばそう簡単に逮捕することができない。

 

なのでうつぶせにして後ろ手に手錠をかけるために押さえ込むのではないか?

 

 YouTubeでよく見かけるスピード違反などをした犯人を取り押さえるときに警官が銃を構えながら運転席にジリジリと近寄るシーンをよく見かけるが警察官にとっても発砲されるリスクがあるのでその辺の恐怖は理解できる。

 

警察官も常に発砲されるかもしれないという恐怖を抱えているのが現実でそれが良く分かるのが次のビデオ。

 

 

youtu.be

 

しかしLA 92を見る限りまったくの無抵抗でも警棒で死ぬほど殴られたりと言う事例があり、おとなしく警察の指示に従えば殺される事は無いと言う考えは甘いのかもしれない。

 

アメリカの奴隷制度という暗黒の歴史を日本人にはなかなか理解できないのだが町山智弘(個人的にはあまり好きではない)の放送を見る限り黒人奴隷の歴史が現在のアメリカ社会にも綿々と流れていることに気ずかされる。

 

youtu.be

 

 

 黒人奴隷の逃亡を取り締まったり警備したりする組織が現在の警察組織の前身であると言う歴史 を知ってからは少し見方が少し変化している。

 

アメリカの警察組織の根底に流れている黒人への差別意識は自らの組織のルーツとも言える黒人への憎悪によってて支えられているのかもしれない。

 

もちろん年月を経て少しずつ変化をしているのは事実だろうが差別されている黒人たちにとっては状況は奴隷制度時代と全く変わっていないと言うのが真実なのかもしれない。

 

個人的に解決策と思えるのはすべての警官を黒人警官もしくは有色人種の警官に入れ替えてしまうと言うアイディアだ。

 

もちろんそんなことはできない事は理解しているが白人警官が黒人に対して暴行を加えると言う構図は存在しなくなる。

 

すべての警官を黒人に変えても今後も取り押さえる際に発泡したりして死亡する例は止む事は無いだろう。

 

しかし黒人対黒人であれば人種差別によると言う構図は少なくとも消えるであろう。

 

ここで別のYouTubeビデオを見てみよう。

 

youtu.be

 

今回は黒人少女同士の争いで16歳の少女がナイフを持って黒人少女におそいかかっていた際に犯人がナイフでまさに突き刺す寸前に警官が発砲して犯人の少女を射殺したと言う例だ。

 

自分がこの警察官であったら果たして発砲できただろうか?

 

もちろん日本の警察官であれば発砲する事はできなかったのでは無いであろうかと言うビデオだ。

 

この例の場合発砲した警察官が白人であってたと言う事はあまり問題になっていない。

 

射殺するのはやりすぎではないか?

 

こうした批判が上がったのだがこの件に関しては暴動が起きたり略奪が起きたり近所の商店が放火されたりと言う事は起きていない。

 

16歳の少女を射殺した警官は ビデオを見る限り白人のようだが世間からも正当な発砲であったと判断されたようだ。

 

もちろん射殺された少女の家族は怒りに震えたことであろう。

 

 

しかしナイフで刺し殺される寸前であった少女の親にとっては警察官の判断に感謝こそすれ非難する事は無いであろう。

 

話を元に戻すとすべての警官を黒人に切り替えてしまえば人種差別による警察官の行き過ぎた発砲は正当であったかなかったかのか?ここに帰結していくであろう。

 

あなたが警察官であれば犯人を撃ちましたか?

 

それともナイフでなんども刺される少女を呆然と見つめていましたか?

 

ここまで書いてきたけれどやっぱり頭の中がうまく整理できていない… .

 

もう少し時間をおいて追記したいと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カナダ先住民の学校で発見された215人の子どもたちの遺骸を悼む

現在進行形で中国で行われているウイグル人に対する民族浄化

 

BBCがカナダで行われた先住民族浄化についての衝撃的な記事が出ていたので機械翻訳しておきます。

カナダで、先住民族インディアンの同化のために建てられた寄宿学校の跡地に、215人の子どもの遺骨が納められた集団墓地が発見された。

1863年から1998年にかけて、15万人以上の先住民の子どもたちが家族から引き離され、寄宿学校に入れられた。

子どもたちはしばしば、自分たちの言語を話すことも、文化を実践することも許されず、多くが虐待され、虐待された、、、

 

www.bbc.com

 

以下機械翻訳

 


カナダで、先住民族の同化のために建てられた住宅学校の跡地に、215人の子どもの遺骨が納められた集団墓地が発見された。

子どもたちは、1978年に閉鎖されたブリティッシュ・コロンビア州のカムループス・インディアン居住学校の生徒だった。

この発見は木曜日、トゥケムルプス・テ・セクウェペム・ファースト・ネーションのトップによって発表された。

ジャスティン・トルドー首相は、それは「わが国の歴史の恥ずべき一章」の「痛ましい知らせ」だと述べた。

ファースト・ネイションは博物館の専門家や検視局と協力して、現在知られていない死亡の原因と時期を明らかにしています。

ブリティッシュ・コロンビア州カムループス市のロザンヌ・カシミール地域社会長は、この予備調査結果は、学校の管理者が記録したことのない想像を絶する損失だと述べた。

カナダの寄宿学校は、先住民の若者を強制的に同化させることを目的として、19世紀から20世紀にかけて政府と宗教当局によって運営された強制寄宿学校であった。

 

amloops Indian Residential Schoolは,住宅システムの中で最大であった。1890年にローマ・カトリック政権のもとで開校したこの学校は、入学者数がピークを迎えた1950年には500人もの生徒を抱えていた。

1969年に国が学校の管理を引き継ぎ、1978年に閉鎖されるまで地元の学生の宿舎として運営されていました。

遺体について何を知ってる?
セクエペム・ファースト・ネーション紙は、学校の調査中に地中探知レーダーの助けを借りて遺骨が発見されたと述べた。

「私たちの知る限り、この行方不明の子どもたちは、記録されていない死亡です、」とカシミール事務総長は述べた。「3歳くらいの子もいた。」。

「私たちは、失われた子どもたちとその家族への深い尊敬と愛から、Tk'emlups te Secwepemcがこれらの子どもたちの最期の安息地であることを理解していることを確認する方法を模索した」

 

彼の部族は、子供たちが学校に通っている地元のコミュニティーに連絡を取ったという。彼らは6月中旬までに予備調査結果を出す予定だ。

ブリティッシュ・コロンビア州の主任検視官リサ・ラポイントはカナダの放送局CBCに「私たちは情報収集の初期段階にある」と語った。

どんな反応がありましたか?
その反応はショック、悲嘆、悔恨のうちの一つだった。

トルドー氏は「カムループス寄宿学校の残骸が発見されたというニュースは私の心を打ちます」とツイートした。

 

居住型学校は「恥ずべき」植民地政策の一部である、とカナダのキャロリン・ベネット先住民関係相は述べた。政府は「失われた罪のない魂を記念すること」と彼女は述べた。

ブリティッシュ・コロンビア州第一国会議の地域の議長テリー・ティーギーは、このような墓地を見つけることは「緊急作業」であり、この地域の共同体の「悲しみと喪失を癒す」だと呼んだ。

これらの意見は、先住民保健局 (FNHA) を含む他の先住民グループも支持している。

「この状況が存在することは、悲しいことに驚くことではなく、寄宿学校制度が引き続き先住民族の人々、その家族、地域社会に与えている破壊的で永続的な影響を示している」 と同社のCEOリチャード・ジョック (Richard Jock) は声明の中で述べている。

寄宿学校とは何ですか?


1863年から1998年にかけて、15万人以上の先住民の子どもたちが家族から引き離され、これらの学校に入れられた。

子どもたちはしばしば、自分たちの言語を話すことも、文化を実践することも許されず、多くが虐待され、虐待された。

2008年に発足した調査委員会は、この制度の影響を調査した結果、多数の先住民の子どもたちが故郷のコミュニティに戻らなかったことを明らかにした。

2015年に発表された歴史的な真実と和解の報告書は、その政策が「文化大虐殺」と述べている。

2008年、カナダ政府はこのシステムについて正式に謝罪した。

「行方不明の子どもたちプロジェクト」 は、学校に通っている間に亡くなった子どもたちの死と埋葬地を記録している。これまでに4,100人以上の子どもが、寄宿学校で死亡したことが確認されているという。